芥川賞歴代一覧!作品や女性作家の受賞者も

芥川賞歴代一覧!受賞作家と作品を第1回から第115回までをまとめました。芥川賞の歴代受賞者と作品を一覧にしています!この記事では第1回から第115回までをまとめていますが、第160回から第116回までは別記事にまとめています。

芥川賞歴代一覧!第101回から第115回

第115回 1996年 蛇を踏む [ 川上弘美 ]

第114回 1995年 豚の報い / 又吉 栄喜 / 文藝春秋

第113回 1995年 この人の閾 / 保坂 和志 / 新潮社 [単行本]

第112回 1994年 該当作品なし

第111回 1994年 おどるでく / 室井 光広 / 講談社 [単行本] タイムスリップ・コンビナート[ 笙野頼子 ]

第110回 1993年 石の来歴 / 奥泉 光 / 文藝春秋 

第109回 1993年 寂寥郊野 /吉目木晴彦【著】

第108回 1992年 犬婿入り (講談社文庫) [ 多和田葉子 ]

第107回 1992年 運転士 / 藤原 智美 / 講談社

第106回 1991年 松村栄子「至高聖所」

第105回 1991年 単行本(小説・エッセイ) 自動起床装置 / 辺見庸 背負い水 / 荻野 アンナ / 文藝春秋 [文庫]

第104回 1990年 妊娠カレンダー / 小川 洋子 / 文藝春秋 [文庫]

第103回 1990年 村の名前 [ 辻原 登 ]

第102回 1989年 表層生活 / 大岡 玲 / 文藝春秋 [文庫] ネコババのいる町で / 滝沢 美恵子 / 文藝春秋 [文庫]

第101回 1989年 該当作品なし

スポンサーリンク

芥川賞歴代一覧!第51回から第100回

第100回 1988年 ダイヤモンドダスト [ 南木佳士 ] 由煕(ユヒ) 李 良枝

第99回 1988年 尋ね人の時間 [ 新井 満 ]

第98回 1987年 スティル・ライフ[ 池澤夏樹 ] 長男の出家/三浦清宏

第97回 1987年 鍋の中 / 村田 喜代子 / 文藝春秋

第96回 1986年 該当作品なし

第95回 1986年 該当作品なし

第94回 1985年 過越しの祭 新潮文庫/米谷ふみ子【著】

第93回 1985年 該当作品なし

第92回 1984年 青桐 /木崎さと子(著者) 

第91回 1984年 該当作品なし

第90回 1983年 杢二の世界 /笠原淳(著者) 光抱く友よ (新潮文庫) [ 高樹のぶ子 ]

第89回 1983年 該当作品なし

第88回 1982年 夢の壁(新潮文庫)[ 加藤幸子 ] 佐川君からの手紙/ 唐 十郎 / 河出書房新社 [文庫]

第87回 1982年 該当作品なし

第86回 1981年 該当作品なし

第85回 1981年 小さな貴婦人 / 吉行 理恵 / 新潮社 [文庫]

第84回 1980年 父が消えた (河出文庫) [ 尾辻克彦 ]

第83回 1980年 該当作品なし

第82回 1979年 モッキングバードのいる町 第81回 1979年 重兼芳子「やまあいの煙」 青野聰「愚者の夜」

第80回 1978年 該当作品なし

第79回 1978年 伸予 / 高橋 揆一郎 / 文藝春秋 [文庫] 九月の空 / 高橋 三千綱 / 角川書店 [文庫]

第78回 1977年 螢川 (角川文庫) [ 宮本 輝 ] 榧の木祭り

第77回 1977年 僕って何 / 三田 誠広 / 角川書店 [文庫] エーゲ海に捧ぐ / 池田 満寿夫 / 中央公論社 [文庫]

第76回 1976年 該当作品なし

第75回 1976年 限りなく透明に近いブルー / 村上 龍 / 講談社 [文庫]

第74回 1975年 岬 (文春文庫) [ 中上健次 ] 岡松和夫「志賀島」

第73回 1975年  祭りの場 / 林 京子 / 講談社 [文庫]

第72回 1974年 あの夕陽[ 日野啓三 ]  土の器 / 阪田 寛夫 / 文藝春秋 [文庫]

第71回 1974年 該当作品なし

第70回 1973年 草のつるぎ (野呂邦暢小説集成) [ 野呂邦暢 ] 月山 [ 森敦 ]

第69回 1973年 三木卓「鶸」

第68回 1972年 ベティさんの庭(新潮文庫)[ 山本道子 ] れくいえむ [ 郷 静子 ]

第67回 1972年 いつか汽笛を鳴らして (文春文庫 (404‐1)) 【角川文庫「誰かが触った」宮原昭夫】

第66回 1971年 砧をうつ女 [ 李恢成 ] オキナワの少年 [ 東 峰夫 ]

第65回 1971年 該当作品なし

第64回 1970年 杳子・妻隠(新潮文庫)[ 古井由吉 ]

第63回 1970年 無明長夜(新潮文庫)[ 吉田知子 ] プレオー8の夜明け (講談社文庫)

第62回 1969年  アカシヤの大連 講談社文芸文庫/清岡卓行【著】

第61回 1969年 赤頭巾ちゃん気をつけて / 庄司 薫 / 中央公論新社 [文庫] 深い河[ 田久保英夫 ]

第60回 1968年 該当作品なし

第59回 1968年 年の残り [ 丸谷才一 ] 三匹の蟹[ 大庭みな子 ]

第58回 1967年 徳山道助の帰郷[ 柏原兵三 ]

第57回 1967年 カクテル・パーティー (岩波現代文庫) [ 大城立裕 ]

第56回 1966年 夏の流れ (講談社文芸文庫) [ 丸山 健二 ]

第55回 1966年 該当作品なし

第54回 1965年 北の河 (文春文庫)

第53回 1965年 玩具 (集英社文庫) 津村 節子

第52回 1964年 該当作品なし

第51回 1964年 されどわれらが日々 (文春文庫) [ 柴田翔 ]

芥川賞歴代一覧!第1回から第50回

第50回 1963年 感傷旅行 (ポプラ文庫) [ 田辺聖子 ]

第49回 1963年 後藤紀一「少年の橋 」 河野多惠子「蟹 」

第48回 1962年 該当作品なし

第47回 1962年 川村晃「美談の出発 」

第46回 1961年 鯨神 (中公文庫 A 147)

第45回 1961年 該当作品なし

第44回 1960年 忍ぶ川改版 (新潮文庫) [ 三浦哲郎 ]

第43回 1960年 夜と霧の隅で[ 北杜夫 ]

第42回 1959年 該当作品なし

第41回 1959年 斯波四郎「山塔 」

第40回 1958年 該当作品なし

第39回 1958年 大江健三郎「飼育 」

第38回 1957年 裸の王様/流亡記改版 (角川文庫) [ 開高健 ]

第37回 1957年 【中古】 硫黄島 / 菊村 到 / 角川書店 [文庫]

第36回 1956年 該当作品なし

第35回 1956年 海人舟 近藤啓太郎 文藝春秋新社B6版

第34回 1955年 太陽の季節改版 (新潮文庫) [ 石原慎太郎 ]

第33回 1955年 白い人[ 遠藤周作 ]

第32回 1954年 アメリカン・スクール改版 (新潮文庫) [ 小島信夫 ] プールサイド小景/静物改版 (新潮文庫) [ 庄野潤三 ]

第31回 1954年 吉行淳之介「驟雨 」その他

第30回 1953年 該当作品なし

第29回 1953年 安岡章太郎「悪い仲間・陰気な愉しみ 」

第28回 1952年 五味康祐「喪神 」 或る「小倉日記」伝[ 松本清張 ]

第27回 1952年 該当作品なし

第26回 1951年 広場の孤独 漢奸[ 堀田善衞 ]その他

第25回 1951年 安部公房「壁 S・カルマ氏の犯罪 」 石川利光「春の草 」他

第24回 1950年 該当作品なし

第23回 1950年 辻亮一「異邦人 」

第22回 1949年 辻亮一「異邦人 」

第21回 1949年 由起しげ子「本の話 」 小谷剛「確証 」

1945~1948年 (第二次世界大戦のため中断)

第20回 1944年 清水基吉「雁立 」

第19回 1944年 八木義徳「劉廣福 」 小尾十三「登攀 」

第18回 1943年 和紙[ 東野辺薫 ]

第17回 1943年 石塚喜久三「纏足の頃 」

第16回 1942年 倉光俊夫「連絡員 」

第15回 1942年 該当作品なし

第14回 1941年 芝木好子「青果の市 」

第13回 1941年 多田裕計「長江デルタ 」

第12回 1940年 櫻田常久(桜田常久)「平賀源内 」

第11回 1940年 高木卓「歌と門の盾」(受賞辞退)

第10回 1939年 密猟者寒川光太郎

第9回 1939年 半田義之「鶏騒動 」 長谷健「あさくさの子供 」

第8回 1938年 乗合馬車中里恒子他

第7回 1938年 厚物咲 芥川賞中山義秀

第6回 1937年 糞尿譚火野葦平

第5回 1937年 暢気眼鏡(新潮文庫)[ 尾崎一雄 ]

第4回 1936年 普賢 / 石川 淳 / 集英社 [文庫] 冨澤有爲男「地中海 」

第3回 1936年 城外 芥川賞小田嶽夫 コシャマイン記鶴田知也

第2回 1935年 該当作品なし(二・二六事件のため審査中止)

第1回 1935年 蒼氓 [ 石川達三 ]

芥川賞歴代一覧!作品や女性作家の受賞者ものまとめ

芥川賞歴代一覧!作品や女性作家の受賞者もについてまとめました。

関連記事

本屋大賞2019大賞作品決定!ランキングや翻訳小説部門の結果は?

芥川賞歴代一覧!女性作家は何人いる?

芥川賞2019発表!上田岳弘氏「ニムロッド」が受賞

直木賞とは芥川賞とは何か?由来や違い、両方受賞した人はいるか調査

直木賞宝島あらすじストーリー!候補作2019年・2018年・2017年も

本屋大賞2019ノミネートと予想!大賞はどれだ?

本屋大賞歴代一覧!文庫本とあらすじは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする