花束ゆめの本名は公表された?宝塚だった咲妃みゆとの関係はいかに

宝塚歌劇団の103期生として活躍している、花束ゆめさんが注目を浴びています。花束ゆめさんの本名などが気になっている方も多いようです。本名を調べていると、咲妃みゆさんという名前も一緒に出てくるのですが、花束ゆめさんと咲妃みゆさんはどんな関係か調べてみました?

スポンサーリンク

花束ゆめの本名も芸名みたい?

花束ゆめ(はなたばゆめ)さんは103期生です。宝塚音楽学校の生徒40人の中で、トップの成績で卒業したそうです。首席卒業となると、宝塚歌劇団での活躍も期待されているはずです。否が応でも注目されますね。

宝塚音楽学校は、ただでさえ入るのが難しいと言われています。倍率が26倍とも言われているのです!その中で、さらに1位の成績で卒業した、ということなので、とても優秀なかただというのが分かりますね。

これまで、首席入団して、さらにトップに上り詰めたタカラジェンヌのかたはこちら。

安蘭けいさん(77期生 男役)

霧矢大夢さん(80期生 男役)

蘭寿とむさん(82期生 男役)

純名里沙さん(76期生 娘役)

かつては、首席で入団したかたはトップを取れない、というジンクスがあったらしいです。ですが、こんなに首席入団でトップを取ったタカラジェンヌさんがいるんですね。もうそんなジンクスも吹き飛ばされたのではないでしょうか?

花束ゆめさんも、こちらのみなさんに続いていけるのではないでしょうか。

さて、本名について調べていたらこんな情報もありました。「宝塚歌劇団は、なんと本名での入団は許されていない」のだそうです。すでに芸名を持っての入団なのですね。

花束ゆめさんの本名ですが、ハッキリと公表されていません。ですが、調べていくと、「芹澤佳夏」という名前が出てくるのです。どうも本名は「芹澤佳夏」さんというのが有力のようです。花束ゆめさんの愛称が「けいか」「ブーケ」だそうです。「ブーケ」は、芸名の花束からきているのでしょうね。「けいか」ですが、「佳夏」も「けいか」と読めますよね。

おそらく「芹澤佳夏」というのが本名ではないでしょうか?

本名も芸名のようなキレイな名前ですね。

花束ゆめが通った中学校や高校はどこ?

花束ゆめさんが通っていた中学校や高校も気になりますね。

中学校は、東京学芸大学付属国際中等教育学校だそうです。この学校の卒業生には、フジテレビアナウンサーの海老原優香さんがいます。登山家の南谷真鈴さんもこの学校の卒業生だそうです。

ちなみに、この学校から宝塚歌劇団への入団というのは、花束ゆめさん以外にいらっしゃらないようで、もしかしたら、この学校を卒業したタカラジェンヌは花束ゆめさんだけ、ということになるかもしれません。

高校については、情報が見つかりませんでした。

宝塚音楽学校では、中学校を卒業したら受験できるので、高校の情報がなかったのかもしれません。

宝塚音楽学校の入学は、義務教育終了から高校卒業まで、となっているそうです。

花束ゆめの舞羽美海との関係は?

花束ゆめさんを調べていると、舞羽美海さんの名前が一緒に出てきたりします。舞羽美海さんについて調べてみました。

読みは「まいはねみみ」さんというそうです。この舞羽美海さんは宝塚歌劇団の93期生で、2007年から2012年までの5年ほど、タカラジェンヌとして活動していたそうです。雪組のトップ娘役だったそうですよ。

簡単に、舞羽美海さんのプロフィールをご紹介します。

本名は藤原未知子(ふじわら みちこ)さんというそうです。誕生日は8月5日の兵庫県西宮市生まれ。身長は160cm、血液型はA型。趣味はショッピング、映画・舞台鑑賞。6歳上のお姉さんがいらっしゃるようです。

百合学院高等学校出身で、宝塚歌劇団に第93期生として入団されています。

2007年に宝塚歌劇団に入団し、初舞台は「シークレット・ハンター」だそうです。2011年に雪組主演娘役と努めたそうです。2012年に退団。

2013年に松竹エンタテインメントに所属し、2015年に、ミュージカル「ダンスオブヴァンパイア」に出演しています。2016年には、映画「超高速!参勤交代 リターンズ」に出演し、琴姫を演じています。フジテレビドラマで松下奈緒さんが主演の「早子先生、結婚するって本当ですか?」では、羽村舞を演じています。退団後も、ミュージカル、映画、ドラマなどで活躍されていますね。

この舞羽美海さんは、花束ゆめさんのあこがれのタカラジェンヌだそうです。花束ゆめさんも雪組なので、あこがれの人の後を追ってトップの座までかけぬけてほしいです。

スポンサーリンク

花束ゆめと咲妃みゆの関係は

花束ゆめさんを調べていると、咲妃(さきひ)みゆさんのお名前も一緒に出てきます。咲妃みゆさんについても調べてみました。

咲妃みゆさんもタカラジェンヌだったかたで、花束ゆめさんのあこがれのジェンヌさんだそうです。

咲妃みゆさんは、2010年に96期生として宝塚歌劇団に入団して、2017年までの7年間、タカラジェンヌとして活躍されたかただそうです。2014年に雪組に異動となり、雪組でトップ娘役に就任されたそうです。現在は、舞台やテレビドラマで女優として活動されています。

花束ゆめの名前の由来は?

芸名の花束ゆめという名前は、どうやって付けたのでしょう?どんな意味があるのか気になりますが、調べてみたところ、芸名の由来は分かっていません。

タカラジェンヌの芸名に、「花」という漢字を用いている人は特に多いですよね。「ゆめ」という名前も多そうですね。

この芸名は、花束ゆめさんご本人とお母さんで決めたそうです。

引用:https://nznsms.jp/%E8%8A%B8%E8%83%BD/4530/

花束ゆめの来歴と主な舞台は?

2015年に宝塚音楽学校を受験し、入学

2017年に宝塚音楽学校を首席で卒業

卒業式で「小林一三賞」を受賞

卒業式では「大切な103期の仲間と一緒にいると、うれしさが2倍、悲しさが半分になりました」「宝塚音楽学校で学んだ舞台人としての基礎と、たくさんの方々に注いでいただいた愛情、「清く、正しく、美しく」の教えを強く胸に刻み、限りない芸の道を歩んでまいります」と答辞を述べたそうです。

103期生として宝塚歌劇団に入団

4月~5月の行なわれた雪組公演「Dramatic “S”!」で初舞台

雪組に配属

6月~7月「Dramatic “S”!」

8月~9月「CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…」

11月~2018年2月「ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』新人公演

2018年

3月~4月「義経妖狐夢幻桜」

6月~9月「凱旋門ーエリッヒ・マリア・レマルクの小説によるー/Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』新人公演

11月~2019年2月「ファントム」新人公演

花束ゆめのプロフィール

本名:不明

期:103期生

生年月日:9月18日

年齢:不明

身長:160cm

血液型:不明

出身地:東京都練馬区

出身校:東京学芸大学付属国際中学校

特技:早起き

花束ゆめさんは犬を飼っているようです。趣味が愛犬と遊ぶことだそうで、とても犬好きのようですね。愛犬の名前はなんというのでしょう。犬種やの名前も知りたいですね。

今のところ情報はありませんが、これから活躍されるであろう期待のジェンヌさんですから、今後露出も増え、公表される機会があるかもしれません。

花束ゆめさんはリボンのモチーフのものを集めているそうです。好きな花はヒマワリ、好きな色はベビーピンク。なんともかわいらしく、さわやかな印象ですね。明るい性格なのかな、と感じますね。

さらに好きな食べ物が、「いちご」、「チョコレート」、「ハンバーグ」だそうです。甘い物もお好きなんですね。成長して行くにつれ、好みも変わっていくでしょうから、将来どんなタカラジェンヌに成長して行かれるのか、楽しみです。

花束ゆめのまとめ

今回は、宝塚歌劇団雪組の花束ゆめさんについて調べたことをご紹介しました。タカラジェンヌとして走り出したばかりの花束ゆめさんですので、とにかく情報が少ない!

間違いなく注目されているはずですから、これからもたくさんの舞台に出演していくと思われます。雑誌に掲載されることも、テレビに出演されることもあると思います。露出が増えれば、エピソードも増えていくと思いますので、新しい情報が見つかりましたら、その都度、更新していこうと思います。花束ゆめさんの今後の成長をあたたかく見守りたいですね。

よろしかったらこちらもあわせてご覧ください。

咲妃みゆのインスタ(オフィシャル)あり!結婚は中村隼人と?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする