樹木希林自宅の間取りや画像、渋谷が住所?若い頃がファンキー!

樹木希林さんの自宅の間取りが!画像は?渋谷が住所って本当?若い頃がファンキーだった説!大女優として長年活躍された樹木希林さんの自宅がテレビで公開された?間取りや室内の画像があるか、渋谷が住所なのか、若い頃はファンキーだった説が本当なのか、調べてみました!

樹木希林の自宅住所は?渋谷との噂!

女優として活躍していた樹木希林さんの自宅の住所は渋谷という噂があります。自宅をテレビ番組「ぴったんこカンカン」で紹介してあり、大きな自宅が話題になったようです。

出典:https://芸能人の兄弟・姉妹・家族特集.com

渋谷という土地は、都会でもありながら住宅街という一面を持ち合わせたところだそうで、住みやすそうな感じがします。

樹木希林さんの自宅の住所ですが、渋谷や世田谷という噂があったようですが、現在、自宅の住所は判明しているようです。

2016年5月20日に放送された「ぴったんこカンカン」で、”樹木希林さんの自宅から半径500メートルの旅”という企画があったそうです。この時目黒区青葉台でロケを行なっているそうです。

ですが、2018年5月4日に放送された「ぴったんこカンカン」では、樹木希林さんの自宅が紹介されたそうで、この時は、「渋谷区代官山近くの住宅街」と紹介されていたと言うことで、

さらに調べてみると、樹木希林さんの自宅の正確な住所は渋谷区南平台町のようで、マレーシア大使館の近くだそうでうよ。

なんでもgooglemap上では「ウチダオフィス」となっているとか。

これは間違いなさそうですね。

樹木希林の自宅の間取りは二世帯住宅?

樹木希林さんの自宅は、樹木希林さんだけでなく、娘さんと娘婿の本木雅弘さん家族も、ここに住んでいるようです。

娘の学校のあるイギリスと日本を往復する生活のため、日本にいる間は樹木希林さんの自宅に住んでいるようですよ。

樹木希林さんの自宅の間取りですが、「ぴったんこカンカン」では、和室・内田裕也さんの部屋・樹木希林さんの寝室・ミーティングルームが紹介されていたようです。

樹木希林さん曰く、自宅のイメージは「フィンランドの白夜のような木漏れ日の中での生活」だそうです。アンティーク家具などを主とした、独特な雰囲気の室内。

この、”家のイメージ”というのが、アンティークショップで購入した”イタリアで使われていた扉”だったそうで、これが家のイメージを決める指針となったそうです。

引用:https://intimite.exblog.jp/27565834/

やっぱりお金持ちは違いますね。扉に合わせて家のイメージを作り上げるのですから!

インテリアは、もらい物やリサイクルショップで買ったものが多いそうですが、とてもセンスが良い!

引用:http://xn--u9j001jhxfs7vtln6nc40p.com/2018/07/26/kikikirin-zitaku/

では、和室から。

家の中に入るとすぐに和室があります。12畳あるそうです。

引用:https://www.tokyo-mansion.net/kirin_jitaku/

板戸に絵が描かれています。青蓮院問跡の襖に絵を描いた方が樹木希林さんの友人だそうで、その方に蓮の絵を描いてもらったそうです。

和室の照明には、無地のステンドグラスをかぶせてあります。照明用に作ってもらったようです。

ランプは、女優として受賞したトロフィーをアレンジしたランプになっていて、独特。

和室にステンドグラス?という感じですが、違和感がありません。調和していてそれがスゴい。

引用:https://sironisironi-love.com/archives/840

樹木希林さんの寝室は

お風呂が付いた部屋になっていて、お風呂からは庭が見えるそうです。まるで部屋風呂付きの宿のようですね!

ベッドには、着物の生地を再利用したベッドカバーが掛けられていたり、ベッドの脇に飾られているスタンドは、横浜映画祭のトロフィーを改造した物だそうです。

スポンサーリンク

内田裕也さんの部屋は

別居されていましたが、部屋はちゃんと用意されていて、部屋の入り口は、マリア様が描かれたステンドグラスがはめ込まれているおしゃれなドアに。

でもなぜマリア様なのだろう?

引用:https://sironisironi-love.com/archives/840

無駄な物が無いシンプルな部屋ですが、部屋に専用のシャワールームがついているそうです。

樹木希林さんの寝室にはお風呂が付いていることから、内田裕也さんが、”樹木希林さんの部屋にはお風呂が付いているのに、自分の部屋にはシャワーしか無い”と樹木希林さんに言ったそうです。

湯船がないことが不満だったようです。

樹木希林さんは内田裕也さんに「ロッケンローラーはお風呂に浸からないでしょ。」と平然と切り返したとか。

なんとも頭の良い女性です。

ミーティングルームは

自宅兼事務所になっているそうなので、仕事の打ち合わせなどを行なうミーティングルームも用意されています。

引用:https://sironisironi-love.com/archives/840

2011年に内田裕也さんが逮捕された時に、この部屋で記者会見を行なったそうです。

室内の雰囲気は、テイストの違う物が置かれているのに、見事に調和した独特の空間になっていて、不思議な世界に来たような…。そこに、個人的な事をあまり明かさないミステリアスな樹木希林さんがいるのがとても似合います。

樹木希林の自宅を設計した建築家が?

樹木希林さんの独特な雰囲気の自宅を設計したのは有名建築家だという噂もあります。

樹木希林さんほどの一流芸能人になったら、たくさんのこだわりを自宅に組み込んでもおかしくないですよね。

それをかなえてくれる建築家に依頼するでしょうし。

調べてみると、樹木希林さんの自宅はやはり有名建築家の黒川哲郎さんが設計した、という噂が出てきました。

樹木希林さんが建築家について特に言及していないので、確実なところは分かりませんでした。

樹木希林の自宅がレストランとは?

樹木希林さんの自宅がレストラン?という噂もありますが、自宅の一部をレストランにして経営しているのか?と思い、調べてみました。

すると、樹木希林さんが以前住んでいた家が、現在はレストランとして使われているということだそうです。

その樹木希林さんが以前住んでいたという自宅の住所が、港区西麻布だそうで、フレンチレストランになっているそうです。お店の名前は「エピスカネコ」。

こちらの金子シェフは自ら屋上で野菜を作っているそうです。こちらのお料理は樹木希林さんのお気に入りで、常連だったのだそうです。

樹木希林さんの自宅がレストランになったのは、

金子シェフがレストランの物件を探していたそうなのです。その時たまたま樹木希林さんが西麻布の自宅からの引っ越しの最中だったそう。その時樹木希林さんが金子シェフに「ここでレストランをしてみては?」と提案したのだそうですよ。

そんな経緯があったんですね。

自宅の住所は渋谷で、以前住んでいた自宅の住所は西麻布なんですね!一流の芸能人は違いますね。

樹木希林は母親仕込みの不動産知識が?

樹木希林さんは不動産に詳しいそうで、その知識が母親仕込みだという話がありました。

樹木希林さんの母親は「普請道楽(ふしんどうらく)」だそう。

樹木希林さんの母親はもともとは神保町でカフェ経営をしていたのが、その後池袋でアパート経営をするなど、不動産に手を広げ始めたとか。

樹木希林さんの不動産知識は、”旦那さんとうまくいかなくても生きていけるように”と母親から教わったのだそうです。

スポンサーリンク

樹木希林は芸能事務所に所属しない?

樹木希林さんは芸能事務所に所属していないそうです。芸能人の中には、タレントがそのまま事務所社長という場合もありますね。

樹木希林さんは、仕事の依頼は携帯電話の留守番電話で受け付けていたとか。”経費は毎月基本料金の1820円ぐらいだけ”だったと話していたそうです。仕事に関しては、留守番電話のメッセージとFAXでのやりとりだったようで、それで充分やりとりできる、とも。

樹木希林さんが出演していない番組で、樹木希林さんの話が出たときに、顔画像や映像が出たりすることがありますよね。そういうのを二次使用というようです。

その際、樹木希林さん本人は出演していませんが、番組としては樹木希林さんの顔を出させてもらうわけですよね。過去の映像や顔画像として出演するため、映像などの二次使用の許可を得る電話も多くかかってくるようです。

そのためでしょう、留守場電話のアナウンスには「過去の映像等の二次使用はどうぞ使ってください」と録音されているのだそうです。

樹木希林さんは、二次使用の許可を得る電話が多く、面倒だから、と話していたようです。

番組の中でそのことに触れた時、二次使用でお金を支払います、といってくれるところには、「お金をいただけるのであれば、すこーしください」と言っているとかw

かわいらしいかたですね!

樹木希林の若い頃のエピソードもキレ者?芸名は「悠木千帆」!

樹木希林さんはやっぱりキレ者?若い頃のエピソードが驚きでした。樹木希林の前は悠木千帆?若い頃の画像も探してみました。

1973年5月、樹木希林さんは内田裕也さんと出会ったそうです。

当時、樹木希林さんが出演していた「時間ですよ」のドラマの収録中、たまたま局内にいた内田裕也さんが、その様子をのぞいたのがきっかけで、意気投合。

同年10月10日に東京都中央区の築地本願寺で式を挙げたそうです。2人ともジーンズ姿という結婚式だったとか。若い頃から形にとらわれない自分らしさを貫いていた、という感じがしますね。

そんな結婚式から3年目の1976年2月。

長女也哉子さんを身ごもっていた樹木希林さんに対して、内田裕也さんが暴力を振るっていたそうで、恐怖を感じた樹木希林さんは別居したそうです。

1981年に内田裕也さんが一方的に離婚届を区役所に提出。

破天荒ですね。内田裕也さんが樹木希林さんの名前を自分で書いたのでしょうか?

樹木希林さんは、そんな内田裕也さんに対して無効訴訟を起こし、東京家裁で1年争った結果、樹木希林さんが勝訴したそうです。

冷静な対処で見事ですね。

その樹木希林さんですが、若い頃は「悠木千帆」という名前で活動していたそうです。改名する芸能人は珍しくありませんが、樹木希林さんの場合、単に改名したわけではないようです。

樹木希林さんは元々薬剤師を目指していたそうです。大学受験の直前にスキーで足を怪我して、進学を断念したという経緯があるそうです。

演劇部に所属していたこともあり、1961年に文学座付属演劇研究所に入ったそうです。その時は「悠木千帆(ゆうき ちほ)」という名前で活動していたそうです。

その頃、ある特別番組に出演した樹木希林さんですが、その番組にオークションコーナーがあったそうです。

芸能人の私物などを売りに出すと高値が付いたりしそうですよね。

樹木希林さんはその時、「売る物がない」という理由で、名前を出品したそうです。当時芸名として使っていた「悠木千帆」の名前を競売にかけたわけです。

すごいことを考えましたよね!若い頃から独特の感性だったようですね。

「悠木千帆」の名前を売った後、1977年から「樹木希林」として活動を始めたそうです。

樹木希林さんの若い頃の画像がありました。

ネットでは、樹木希林さんの若い頃はファンキーだったという話題がありました。やはりファンキーなロッケンローラーには、ファンキーな妻のほうがいいのでしょうね。

引用:https://shirutoku.info/kikikirin-wakaikoro

若い頃の内田裕也さんもファンキー!カラーで見たかったなぁ。

引用:https://xn--n8j6d907hrs8bj2b2h181k.com/kiki-kirin-wakaikoro/

樹木希林さん、かわいいですね。若い頃は髪をメッシュにしていたのでしょうか?ファンキー!

モノクロなので分かりにくいですが、髪の一部が白っぽいです。これほど白っぽく写るということは金髪かな?

現在では髪の色を好きに変えることは、おしゃれの楽しみとして当たり前になっていますが、この頃はまだ、髪の色をこれほど変えると異端児的に見られていたのではないでしょうか?

それでも自分流のスタイルを貫いていくって強い人ですね。

樹木希林自宅の間取りや画像、渋谷が住所?若い頃がファンキー!のまとめ

樹木希林自宅の間取りや画像、渋谷が住所?若い頃がファンキー!についてまとめました。

引用:https://www.danro.bar/article/11883053

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする