水谷隼のメガネの理由が!レーシック失敗で目の病気に?

水谷隼選手が東京オリンピックで伊藤美誠選手と組んだ混合ダブルスは、息の合ったプレーで優勝!

男子団体も銅メダルを獲得。

ですが引退の可能性も。もし引退したらその活動も気になります。

水谷隼選手といえばプレー中のメガネも印象的。メガネのメーカーも調べてみましたよ。

そもそもメガネの理由は目の病気?レーシック失敗が原因との噂も調査!

スポンサーリンク

水谷隼の目の病気?不調は2018年から!

素晴らしい戦績を残した東京オリンピックですが、水谷隼選手は現役生活に区切りを付けるよう。

「最終的な判断はできてないけど、今の自分の気持ちとしては完全に卓球からは離れると思います」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/0d356c64cd74d19f183d39838d388d5a816eca96

と、男子団体で銅メダルを獲得した翌日の会見で、心境を明かしています。

というのも、

水谷隼選手は2018年から目の不調に悩まされていました。

それは、照明の影響でボールが見えづらいという症状。

2018年の世界卓球選手権スウェーデン大会で、水谷隼選手はメガネ着用で団体戦に出場しています。 その時のメガネの理由を「イメチェン」と語ったそう。

きっとこの時は、目の不調を公にしないでおいたのでしょうね。

「イメチェン」と言いながらも、きっと心の中では心配や不安も大きかったと思います。

数十種類のゴーグルやコンタクトレンズを試したり、オリンピック前は2週間に1度、通院するという努力を重ねていましたが、根本的なことは変わらず、解決しなかったそう。

そうとう目の調子が悪いのか、無念そうに

「もし目が完治するなら40歳でも50歳でもやりたいけど、治療法はないということで。悔しいけど、自分の冒険はここまでかな」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/0d356c64cd74d19f183d39838d388d5a816eca96

と心境を吐露しています。

伊藤美誠選手と組んだ混合ダブルスで金メダルをつかんだ後も

「東京で五輪の開催が決まってから、集大成だと思って一生懸命やってきた。そこで最高の結果を残せて良かった」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/0d356c64cd74d19f183d39838d388d5a816eca96

と。さらに、

「今回の張本(智和)のプレーを見ていて、頼れる後輩がいるということはすごくうれしい。この先も明るい」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/0d356c64cd74d19f183d39838d388d5a816eca96

これほどの素晴らしい選手が引退とは・・・。

続けていけばもっと活躍できると思いますが。

ここで先に、水谷隼選手のプロフィールに触れてみたいと思います。

水谷隼のプロフィール

名前:水谷 隼(みずたに じゅん)

生年月日:1989年6月9日(現時点で32歳)

出身地:静岡県磐田市

身長:172センチ

体重:63kg

血液型:B型

学歴:明治大学政治経済学部卒業

靴のサイズ:27.0センチ

所属:木下グループホールディングス

水谷隼選手の戦績

2004年

平成15年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス ベスト16(史上最年少となる14歳でのベスト16)

同ジュニアの部男子シングルス優勝(史上最年少優勝)

全国中学校卓球大会 優勝

第2回世界ジュニア選手権 男子ダブルス優勝(岸川聖也ペア)

2005年

平成16年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス ベスト32・ジュニア準優勝

第48回世界卓球選手権個人戦 男子シングルス ベスト32

世界ジュニアサーキット 男子シングルス 優勝3回

第3回世界ジュニア選手権 男子シングルス 準優勝、団体優勝

2006年

平成17年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス ベスト8・ジュニア優勝

2007年

平成18年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(初)・男子ダブルス優勝(岸川聖也ペア)・ジュニア優勝

第49回世界卓球選手権個人戦 男子シングルス ベスト32、ダブルス ベスト8

第18回アジア卓球選手権大会 団体戦2位

2008年

平成19年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(2度目)・男子ダブルス優勝(岸川聖也ペア)

第49回世界卓球選手権団体戦 3位

北京オリンピック 男子シングルス3回戦敗退(ベスト32)・男子団体戦敗者復活2回戦敗退(5位)

アジアカップ男子シングルス 4位

2009年

平成20年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(3度目)・男子ダブルス優勝(岸川聖也ペア)

第50回世界卓球選手権個人戦(横浜大会) 男子ダブルス3位(岸川聖也ペア)

ITTFプロツアー・チャイナオープン 男子ダブルス優勝(岸川聖也ペア)

ITTFプロツアー・荻村杯 男子ダブルス優勝(岸川聖也ペア)

ITTFプロツアー・韓国オープン 男子シングルス優勝

第19回アジア卓球選手権大会 団体戦2位

第5回東アジア競技大会 卓球競技 団体戦2位・男子ダブルス2位(岸川聖也ペア)

2010年

平成21年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(4度目)・男子ダブルス優勝(岸川聖也ペア)

大林カップ第15回会長杯ジャパントップ12 優勝

第50回世界卓球選手権(モスクワ大会) 男子団体 3位

ITTFプロツアー・ハンガリーオープン 男子シングルス優勝

第16回アジア競技大会(広州)団体3位、シングルス3位

ITTFプロツアー・グランドファイナル(ソウル大会) 男子シングルス優勝

ワールドカップ男子シングルス 4位

フォルクスワーゲンカップ3位2回

2011年

平成22年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(5度目)・男子ダブルス準優勝(岸川聖也ペア)

大林カップ第16回会長杯ジャパントップ12 優勝

第20回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント(石川大会) 優勝

第51回世界卓球選手権個人戦(ロッテルダム大会) 男子シングルスベスト8 男子ダブルスベスト16

ワールドカップ男子シングルス 4位

フォルクスワーゲンカップ3位

2012年

平成23年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス準優勝・男子ダブルス優勝(岸川聖也ペア)

ITTFワールドツアー・クウェートオープン 男子シングルス優勝

第20回アジア選手権 男子団体 準優勝[37]

第51回世界卓球選手権団体戦(ドルトムント大会) 男子団体 3位

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(荻村杯) 男子シングルス優勝

ロンドンオリンピック 男子シングルスベスト16 団体戦5位

2013年

平成24年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス準優勝

第22回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント(愛媛大会) 優勝

ワールドカップ男子団体 銅メダル

東アジア選手権男子団体3位

第52回世界卓球選手権個人戦(パリ大会) 男子ダブルス3位(岸川聖也ペア)

第21回アジア選手権 男子団体 準優勝[38]

2014年

平成25年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(3年ぶり6度目)

大林カップ・第19回ジャパントップ12卓球大会 優勝

第27回卓球アジアカップ2014 3位

第52回世界卓球選手権団体戦(東京大会) 男子団体 3位

ITTFワールドツアー・グランドファイナル(バンコク大会) 男子シングルス優勝
ワールドカップ男子シングルス 4位

2015年

平成26年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(2年連続7度目)・男子ダブルス準優勝(岸川聖也ペア)

第53回世界卓球選手権個人戦(蘇州大会) 男子シングルスベスト8

ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 男子シングルス優勝

ワールドカップ男子シングルス 4位

2016年

平成27年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(3年連続8度目)・男子ダブルス優勝(吉田雅己ペア)

第53回世界卓球選手権団体戦(クアラルンプール大会) 男子団体 2位

リオデジャネイロオリンピック男子シングルス 3位・男子団体 2位

2017年

平成28年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(4年連続9度目)
ワールドカップ男子シングルス ベスト8

2018年

平成29年度全日本卓球選手権大会 男子ダブルス優勝(大島祐哉ペア)

ジャパントップ12卓球大会 優勝

ITTFワールドツアー・カタールオープン 男子ダブルス準優勝(大島祐哉ペア)

ITTFワールドツアー・グランドファイナル男子シングルス3位

2019年

平成30年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝(10度目)

ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン 混合ダブルス優勝(伊藤美誠ペア)

ITTFワールドツアー・グランドファイナル 混合ダブルス準優勝(伊藤美誠ペア)

2020年

ITTFワールドツアー・ドイツオープン 混合ダブルス準優勝(伊藤美誠ペア)

ITTFワールドツアー・カタールオープン 混合ダブルス優勝(伊藤美誠ペア)

2021年

東京オリンピック 混合ダブルス優勝(伊藤美誠ペア)、男子団体 3位

引用:wiki

ジュニア時代からすでに好成績を残していますね。

その水谷隼選手が代表引退を公言して臨んだ東京オリンピック。

男子団体の翌日にも引退を思わせる発言をしていますが、現役生活を続けられないような目の不調が原因のようです。

スポンサーリンク

水谷隼のメガネの理由は目の病気?レーシック失敗が原因か!

水谷隼選手は、目の不調で「三井メディカルクリニック」に通っています。

「水谷選手は多いときには、月に3回受診することもあり、今までに計30回ほど来院していますね」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1438807e4fd9dfb5c4de48f29810faa16a2734c0

と語る主治医の院長・三井石根さんとは家族ぐるみの付き合い。

出身が同じ静岡県で、コロナ禍前には一緒に食事することもあり、三井医師は、娘さんと一緒の時の水谷隼選手の様子なども明かしています。

「水谷選手が当時幼稚園に通う娘さんを連れてきたことがありました。

彼はいつもと全く違う表情で娘さんにデレデレでしたね。娘さんは誰とでもすぐに打ち解けて物怖じしないタイプ。

『おじさん一緒にゲームしよう!』とせがんで来るんですよ。

卓球もやっていると言っていました」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1438807e4fd9dfb5c4de48f29810faa16a2734c0

三井医師は、決勝の前日も、水谷隼選手をサポートしていました。

引用:https://jisin.jp/kasou/2006722/image/2/?rf=2

水谷隼選手は2018年から、照明の影響でボールが見えづらい、という目の不調に悩まされていました。

2019年には、卓球専門WEBサイト「Rallys」で、まぶしさで視力が急落し、ボールが見えなくなる“目の不調”を告白しています。

視力を回復するべく様々な治療法を試し、どれも上手く行かず、一時は引退することまで考えたそう。

同年、レスリングのリオ五輪金メダリスト・登坂絵莉さん(27)の紹介で、「三井メディカルクリニック」で受診するようになっています。

「水谷選手は2年半ほど前に、レスリングのリオ五輪金メダリスト・登坂絵莉さん(27)の紹介で訪れました。

彼が初めて来院した際は、それまで視力回復への様々な治療を試しても上手くいかず、とても不安そうな表情で……。

検査の結果、レーシックの不具合から光の変化に瞳孔がついていけなくなり、ボールが見えなくなっていたことがわかったんです。

サングラスだけでは補いきれないのでオサート治療を開始しました」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1438807e4fd9dfb5c4de48f29810faa16a2734c0

専用のコンタクトレンズを夜間装用することで、角膜表面の形状を矯正し、昼間の視力を上げる、というのがオサート治療。

レーシック後の修正にも効果的なのだそう。

メガネ(サングラス)ではどうにもならないところまで来ていたのですね。

このタイミングで、三井医師に出会えて、水谷隼選手も心強かったでしょうね。

東京オリンピックの間も、水谷隼選手がベストな状態で試合ができるよう、二人はしっかりと連絡を取り合っていました。

「水谷選手にとって、ベストな状態にするため、今回の五輪ではこまめに連絡を取りあい、試合の時間帯にあわせて、レンズの装用時間を微妙に調整するよう指示しました」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1438807e4fd9dfb5c4de48f29810faa16a2734c0

水谷隼選手は、決勝進出が決まってから、オサートレンズの装着時間を相談しています。

「決勝進出が決まり、装用時間を相談するメールが来たので、決勝戦は夜だから一晩めいっぱい付けましょうと伝えました。

決勝を目前にひかえた彼から『このご恩は一生忘れません』と嬉しいメールが届きました」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1438807e4fd9dfb5c4de48f29810faa16a2734c0

オサートレンズで矯正し、当日はいつものようにメガネ(サングラス)をつけて試合に臨み、みごと金メダルをつかんでいます。

三井医師のサポートは、水谷隼選手を安心して試合に向かわせたのではないでしょうか。

水谷隼のメガネ(サングラス)のメーカーは?

水谷隼選手が試合でかけているメガネ(サングラス)のメーカーですが、様々な競技用のサングラスを販売していることで知られている「swansイーノックスニューロンというモデル」ではないかと言われています。

ネット上で探してみました。色は違いますが、この形のようですね。

>>SWANS スワンズ サングラス E-NOX NEURON20’(イーノックスニューロン20’)ENN20-0714 SPW(スーパーホワイト)ULTRAアイスブルー

水谷隼選手がかけているのは”アンダーテンプルデザイン”というもののようです。

これは、運動しているときの振動や、振動によるズレを極限まで抑えられる、というものだそうですよ。

スポンサーリンク

水谷隼は引退決意?引退後は「実業家」?それとも「eスポーツ」?

現役選手としては区切りを付ける意向を明かしている水谷隼選手ですが、まだ32歳、もし引退したら、その後はどんな活動をしていくのでしょう?

スポーツ選手は、引退すると解説者や指導者になる人もいますが、水谷隼選手は、指導者については否定的なようです。

やりたいことがたくさんあるようで、メディアを通じて「実業家」「eスポーツの選手」などさまざまなプランを披露してきました。ですが、

「全てが事実なんですよ。どれも偽りがなくて。

やりたいことがいっぱいありすぎて一つに絞れない」

と。

まだ具体的なことは決まっていないようです。

さらに、卓球について

「愛好者として楽しく試合に出たい気持ちはある」

とし、東京選手権などに挑戦することも、水谷隼選手の中でやりたいことのひとつなのだそう。

全日本選手権は、史上最多10回優勝していますが、これについても、

「楽しくできるのであれば、また出たい気持ちはある。

10年後とか、張本が引退した後に出るのも面白いですよね」

水谷隼選手らしい発言ですね。

卓球一筋で走り続けてきた水谷隼選手が、次に何を選択するのか、楽しみです。

水谷隼のメガネの理由が!レーシック失敗で目の病気に?のまとめ

水谷隼のメガネの理由が!レーシック失敗で目の病気に?についてまとめました。

関連記事

伊藤美誠ブスすぎ?母の年齢や中国人でおかしい、母子家庭の噂!

伊藤美誠ラバー変更!最新の厚さは?

伊藤美誠の高校卒業後は大学進学?進路を調査!

引用:https://spyder7.com/article/2016/08/15/945.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする