高田純次に当て逃げ事故疑惑!音声を相手被害者が録音で当たり屋と?

高田純次さんに当て逃げ事故疑惑が!音声を相手被害者が録音してたため当たり屋だと?独特のトークテクニックで人気のタレント・高田純次さんが事故を起こし、当て逃げしたと?事故直後のやりとり音声を相手被害者が録音?それを週刊文春が公開で当たり屋疑惑も?詳細を調査!

高田純次が運転中に接触事故?

独特のトークテクニックで人気のタレント・高田純次さんが事故を起こし、当て逃げした疑いがあると報じられています。

事故後、当事者だけで話し合いをしていたときの音声を相手被害者が録音していたらしく、週刊文春が文春デジタルでその音声を公開することを予告しているようです。

ネット上では相手被害者は当たり屋ではないか?という声も上がっているよう。

高田純次さんが起こした事故の詳細や、本当に当て逃げしたのか?相手被害者が録音していたと言われている音声が実在するのか?示談金や当たり屋疑惑についても調べてみました。

高田純次の接触事故はどんな状態で起きた?

高田純次さんが起こした事故は、高速道路での車の接触がだったようです。

週刊文春が報じた内容は、高田純次さんが東京都内の首都高速道路で交通事故を起こしたそうで、相手の22歳男性が怪我を負った、というもの。

4月14日午後6時頃、首都高速道路でグレーのポルシェ・カイエンを運転していた高田純次さんが、22歳男性の車の左後部と接触し、そのまま走り去った、といわれています。

相手被害者のAさんは、千葉県の自宅から、都内にいる父親に会いに行く途中だったそう。

被害者のAさんが説明する事故の状況は、

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。

『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。

その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

と。

高田純次さんが運転するポルシェは、いったんはAさんの後ろについたそう。ですが、凄いスピードで追い越して逃げていった、と語っているようです。

高田純次に当て逃げ疑惑?

いったんはAさんの後ろについたものの、すごいスピードでAさんの車を追い越して逃げていった、というので、これは”当て逃げ”ということになるのでしょうか?

約15分後、首都高速道路から一般道に降りたところで、高田純次さんは自身の運転する車を降りて、相手被害者Aさんと応対したそうです。Aさんの父親も後から駆けつけたそう。

Aさんが週刊文春に話した内容によると、当初、高田純次さんはAさんに対して「当たってませんよ」と話していたそうです。

そのうち、「今20万円持ってます」と、示談交渉を持ちかけ、「今20万(円)持っています。それである意味、ナッシングって言い方おかしいですけど・・・」と持ちかけたと説明しているようです。

Aさんは示談を拒否したそう。

話し合いを続けることになったそうですが、高田純次さん本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたとも話していたようです。

事故後、Aさんは「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で全治2週間を要する見込み、と医師から診断された、と説明しているそうです。

高田純次に週刊文春が取材!話した内容は?

週刊文春が高田純次さんに取材したところ「当たった認識はなかった」と当て逃げを否定した上で、事故を起こしたことは認めたそう。

「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」

と説明したそうです。

高田純次の事故相手がネット上で当たり屋と噂されている?

高田純次さんの事故相手が、ネット上では”当たり屋ではないか?”とか”当たり屋に狙われた”などの書き込みが増えているようです。

車をぶつけられた相手が、なぜ”当たり屋”などと言われているのでしょうか?

高田純次さんが接触事故を起こしたのは4月14日。5月16日にはネット上にニュースとして載ったようです。

1か月経って報じられたというのはどういうことでしょうか?

ネット上では、有名人との事故を、示談中に週刊文春に売った、という声があり、そのような事をするのは”当たり屋”だ、と言われているようです。

高田純次と相手被害者の会話を録音?

高田純次さんが首都高速道路で接触事故を起こし、その場で停車しなかったことで当て逃げが疑われています。ですがその後、一般道に降り、相手被害者Aさんと話し合いをしたそうですが、その内容を録音してあったよう。

録音していたのは相手被害者だそうで、その録音された音声を週刊文春が公開しているようです。

録音された音声を、相手被害者が週刊文春に売った、ということになりそうです。

高田純次の音声がネット上に!その内容は?

事故後に、相手被害者Aさんが高田純次さんの肉声を録音していた音声データの中身について情報がありましたので載せてみます。

録音の前にこんな会話があったそうです。

高田純次さん「何ですか?」

Aさん「さっき、この車に当たりましたよね?」

高田純次さん「当たってませんよ」

Aさん「当たって逃げましたよね」

高田純次さん「あなたの車が割り込んできたんでしょ」

というやりとりがなされた後に、Aさんが以後のやりとりをスマホに録音していたのだそうです。

Aさんが録音していた音声の中身についてはこちら。

高田純次さんが「あなたの車が割り込んできた」と主張していることに対して、Aさんは

「割り込むなんてあり得ない。

自分は本線をずっと直進していましたし、車のタイヤを覆う部分にはしっかり傷も残っており、それは高田さんも警察も確認しています」

と語っているそうです。

高田さんは

「これ、もちろん全部直します。それと、今20万持ってます。ダメでしょうか?それで、ある意味ナッシングって言い方おかしいですけど、お互いの気持ちが、、警察を

正直な話全く(接触に)気がつかなかった。危ないなと思って当たって、んで」

なんだか、言っていることが矛盾しているところもありますね。

高田さんは、

「またね、その場所がね、4号線の出たところで、停められないんですよ、高速の」

「高速で何だろうと、走ってるうちに左側に寄る、そこのところから過ぎちゃったんですよ。後ろについてきてるから、パッシングして。あれ、さっきの車だ、何だろうということで、とりあえずスピード落としてハザードつけて。

高速で停められないからそこまで来て信号で止まって、僕が初めて出たんですよ。全然、逃げたっていう感覚が全くないんですよ。

周りの僕の、まあ色々しがらみがありますよね、仕事のこととかね。これから仕事が、これによってちょっとマイナスになると思うんですよ。それ考えりゃ、今この流れの中で、もう目一杯出して100万ですよ。僕が、今出せるのは、誰にも知られないで。人に知られない金って意外とできないですよ。」

Aさんの父親が、

「知られないっていうのは高田さんの都合・・」

高田さんはこれに対して、

「都合だから、ごめんなさい。都合で言っちゃったから。でもどうせなら知られないように出したいじゃない」

高田純次の相手被害者は弁護士の介入を拒否した?

高田純次さんが接触事故を起こした相手被害者は、高田純次さんが弁護士を通して補償の相談をしようとしたところ、弁護士の介入を拒否したのだそう。

「2人で話し合いをしたい」と弁護士同士のやりとりを拒否したということで、ネット上では”当たり屋”ではないかという疑惑が浮上したのかもしれません。

前述の、高田純次さんの話に矛盾があるようでしたが、そこが相手被害者Aさんに不信感を抱かせてしまったのかもしれません。

そこでAさんはやりとりを録音したのかもしれませんね。

その録音された音声が、どういった経緯で週刊文春の手に渡ったのかについては情報が見当たりませんでした。

高田純次の事故についてネット上では?

高田純次さんの事故と相手被害者とのやりとりについてのニュースに、ネット上では

「被害者のやり方が当たり屋のようだ」

「100万円の示談にも納得せず週刊誌に音声を売り込んで、一体いくら欲しいのか?」

など、当たり屋疑惑が浮上しているようです。

https://twitter.com/kinjitou2018/status/1128871192343957504

高田純次の事故相手Aさんがツイッターを?

ネット上の疑惑の声に対して、自身の潔白を証明するために、ツイッターアカウントを作ったようです。

4/14 首都高速道路上でタレントの高田純次さんに広報から追突された被害者Aです。

ネットのコメントなどであまりにも私自身が非難をあびているので誤解を解きたくアカウントを作りました。

なぜすぐに警察を呼ばなかったなど、コメントで疑問に思われている分についてお話しできればと思っております。

と、誤解を解くために被害状況を説明していくようです。

高田純次に当て逃げ事故疑惑!音声を相手被害者が録音で当たり屋と?のまとめ

高田純次に当て逃げ事故疑惑!音声を相手被害者が録音で当たり屋と?についてまとめました。

関連記事

高田純次の名言!年取ったらやってはいけないことに運転は?

引用:https://www.fnn.jp/posts/00046050HDK

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする