だいたひかる乳がんのステージやタイプは?全摘後再発はごく希!

だいたひかるさんが乳がん!ステージやタイプは?乳房全摘出しても再発するのはごく希?お笑いタレントのだいたひかるさんが乳がんの再発を公表。最初の乳がんで乳房全摘出手術を受け、全摘後の再発はごく希?進行度をあらわすステージやタイプとは何なのかも調べてみました!

だいたひかるのプロフィール

「ど~でもい~いで~すよっ♪」から始まり、無表情で淡々と語るネタを覚えていますか?そのネタを披露していたのがだいたひかるさんです。

そのだいたひかるさんのプロフィールを調べてみました!

本名:小泉ひかる(旧姓 代田)

生年月日:1975年5月25日

出身地:埼玉県東松山市

血液型:O型

学歴:埼玉県立鶴ヶ島高等学校

趣味:映画鑑賞・読書・発明・韓国のこと全般

特技:ヘアカット・水泳・独り言

学歴についてですが、高校を卒業したあと、美容専門学校を卒業して、数年間は美容師として勤務していたそうです。

だいたひかるが過去に乳がんで全摘出?

だいたひかるさんは過去に乳がんになったことがあるそうです。

2016年、乳がんが発覚し、右胸を全摘出する手術を受けていたそうです。よくテレビで見かけていたときは、綺麗にストレートな髪だったと記憶していますが、度重なる治療の副作用で、髪質が変わったことをブログで明かしていました。

引用:オフィシャルブログより

2013年、だいたひかるさんは文房具フェアで知り合ったアートディレクターの小泉貴之さんと結婚しています。仕事をセーブし、不妊治療を受けていてたところ、2016年1月に乳がんが見つかったのだそうです。

乳がんは、進行度をあらわすステージは2Aで、リンパに転移しているかは不明だったそうで、医師にお勧めの治療法を聞いたのだそうです。

その治療法が全摘手術だと言われてそうで、2016年2月25日に入院し、翌日の2016年2月26日に右乳房の全摘手術となったようです。

乳房の全摘出手術をした結果、リンパに転移していたことが分かったようです。ステージは2Bだと判明したそうです。

2016年3月3日に、無事退院。

2016年4月11日から、抗がん剤治療を始め、2016年10月に終了。

それ以降は、ホルモン治療をしていることを自身のブログなどで明かしていたようです。

地道な抗がん剤治療を続けつつ、ブログの更新頻度はほぼ毎日。

ブログの内容は、夫である小泉貴之さんとの何気ない日常を綴ったり、笑いを交えながらのリアルな闘病生活の様子を綴っているそうです。

だいたひかるさんのブログは多くの反響を呼んでいるそうです。

だいたひかるが乳がん再発を公表!

2019年3月20日に、乳がんが再発したことをブログで明かしていました。

2019年2月末に、だいたひかるさんは右胸にしこりがあることを報告しているようです。

2019年3月6日に部分切除手術を受けて、乳がんであるかどうかを見極める、とブログには書かれていたようです。

そしてその結果は、「検査結果は再発でした」と2019年3月20日にブログで報告しています。早期発見だったことも伝えています。

部分切除手術のときの画像だそうです。

引用:オフィシャルブログより

今後は、薬を変えるほかに放射線治療に初めて挑戦すると言うことで、「焼畑農業みたいなものかな?」と、ユーモアをまじえて伝えていたそうで。

お笑い芸人ならではの発想ですよね。

4ミリという、小さい時点で見つけられた事を喜びとして、(今回見逃して1年後にどれ位になるか考えるとゾッとします)ガンはしつこいですが、ガンよりしつこく治療していこうと思います

と治療に前向きな発言。強い人ですよね。

スポンサーリンク

だいたひかるの気遣い!乳がん全摘後の再発は希なケース?

2016年に乳がんを患い、乳房全摘出手術を受けていましたが、その後の再発ということに

全摘しても再発するのか…と皆さんの不安を煽りそうで嫌なのですが、全摘して再発する人はごく稀なケースなので、全摘した皆様ご心配なくです。これから薬を変えたり、放射線をするなど次の手を打ちます

と、自分と同じように乳がんになり、乳房の全摘出手術を受けた人たちが不安にならないように、思いやりのひと言も!

自分のことだけでいっぱいいっぱいになっても責められることはないほど大変な状態なのに、周りにまで気を遣うことができるなんて!

だいたひかるの乳がんのステージは?

だいたひかるさんが乳がんの再発を公表していますが、乳がんの病期(ステージ)が気になりますね。

2016年に発覚した乳がんについては、先述の通り、手術前にステージ2Aと診断され、乳房全摘出手術後に、ステージ2Bだったことや、リンパに転移していたことが分かった、とされています。

今回、再発を公表されていますが、調べてみたところ、今回の乳がんのステージについての情報は見当たりませんでした。

だいたひかるの乳がんのタイプは?

だいたひかるさんの乳がんのタイプは何に分類されるのでしょうか?

がんは状態をステージで言い表されるのはよく聞きますが、がんにはステージ以外にタイプもあるそうです。

タイプというのはあまり聞き慣れないかもしれませんね。タイプとはどんなものなのか、調べてみました。

乳がんでは、病期(ステージ)という分類があり、それに加えて、がん細胞の特徴によって、さらに分類されるのだそうです。

この分類を「サブタイプ分類」と言うそうです。

・がん細胞が女性ホルモンによって増殖する性質をもつか、そうでないか、

・がん細胞の増殖に関わる「HER2タンパク」、あるいは、「HER2遺伝子」を過剰にもっているか、そうでないか、

・がんが増えるスピードが速い(Ki67が高値)か、そうでないか、

といった特徴によって、乳がんを「ルミナルA型」「ルミナルB型」「HER2型」「トリプルネガティブ」の4つのタイプに分類するのだそうです。

そして、タイプによって、有効な治療方法が異なるのだそうです。

だいたひかるさんが2016年に患った乳がんはステージ2Bという情報はありましたが、タイプについての情報は見当たりませんでした。

今回の再発についても、タイプについての情報は見当たりませんでした。

だいたひかるの乳がん再発にネットの声は?

だいたひかるさんが乳がんの再発を公表してからは、ファンからたくさんの声が寄せられているようです。

私もひかるさんと同じです

私も三年前に全摘して、昨年8月に再発

応援しています!お互い頑張りましょう

励まされました。共に頑張りましょう!

私はもうすぐ10年です。癌サバイバー

など、経験談や、似た状況の人たちからの応援の声も寄せられているようです。

だいたひかるの旦那が支え?

だいたひかるさんが不妊治療をしているときに乳がんが発覚したこともあり、旦那さんとのエピソードが!

・家中に「大丈夫」と貼り紙。

・「がんはテロのようなもの」

「個人では防げない」

「心配しすぎない」

・入院前日に

「最後に写真を撮ろう」と夫婦で撮影会。

なぜか旦那も裸。

きっと旦那さんの様子にだいたひかるさんもホッと肩の力が抜けたのではないでしょうか。

2016年に乳がんが発覚した経緯というのが、

顕微鏡受精の移植日だだいたひかるさんが不正出血。せっかく取った休みだったのに予定がなくなり、乳がん検診に行ったところ、乳がんが発覚した、

というものだったそうです。

そのため旦那さんはだいたひかるさんに、

「もし妊娠していたら

赤ちゃんに夢中で、乳がん検診に行くこともなかった」

「だから赤ちゃんがひかるの命を守ってくれたんだよ」

と、励ましてくれたのだそうです。

素敵な旦那さんですね!

だいたひかる乳がんのステージやタイプは?全摘後再発はごく希!のまとめ

だいたひかる乳がんのステージやタイプは?全摘後再発はごく希!についてまとめました。

引用:http://ibought.jp/lifestyle/5677

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする