MOE絵本屋さん大賞歴代受賞作品2008~2009年

白泉社から刊行の絵本専門誌MOEが2008年から開催している「MOE絵本屋さん大賞」。今年で11回目。歴代の受賞作品の2008年から2009年をこの記事でご紹介します。MOE絵本屋さん大賞の歴代受賞作品の2010年以降も別記事でご紹介していきます。

MOEとは?

MOEとは一体なんでしょう?

絵本専門誌「月刊MOE」(モエ)というのがあります。1979年に偕成社から「絵本とおはなし」として創刊されていて、1983年に月刊MOEと改称されたそうです。

その後、偕成社の完全子会社であるMOE出版が版元となって、その後再び偕成社発行に戻っています。

その後、1992年4月からは、版元が白泉社に移り、現在に至っているそうです。

「絵本とおはなし」は、「月刊MOE」の前身ということですね。

絵本屋さん大賞 第1回(2008年)

1位 くまとやまねこ

だって、ぼくたちは ずっとずっといっしょなんだ───
突然、最愛の友だち・ことりをなくしてしまった、くま。かなしみのあまり、くまは、くらくしめきった部屋に閉じこもる。
だがくまにも、花咲く時は訪れて…夢のコンビで贈る感動の絵本。

>>くまとやまねこ

2位 ちいさなあなたへ

母であることのすべてがつまった絵本。親でいることの喜び、不安、苦しみ、寂しさ――
普遍の真実がシンプルな言葉で語りつくされる。米国中の母親を号泣させた話題のベストセラー。

>>ちいさなあなたへ

3位 ちょっとだけ

弟が生まれて、なっちゃんはお姉さんになりました。お母さんは赤ちゃんのお世話で忙しいので、いつもなっちゃんの要求に応えてあげるという訳にはいかなくなりました。そこで、なっちゃんはいろんなことを自分ひとりでやってみます。お姉さんになったからと頑張るなっちゃんですが、眠くなった時だけは、どうしてもお母さんに甘えたくなります。お姉さんになったことで感じる切なさ、そしてそれを乗り越えることで成長していく子どもの姿を母親の深い愛情とともに描いています。

>>ちょっとだけ

4位 だるまさんが

「だ・る・ま・さ・ん・が…」左右にうごくだるまさん。「だるまさん」シリーズ第1弾です。

>>だるまさんが

5位 100かいだてのいえ

100かいだてのてっぺんにすむだれかからあそびにきてね、とてがみをもらったトチくん。ちずをみながらあるいていくと、きゅうに100かいだてのいえがあらわれました!みあげても、うえのほうはかすんでよくみえません。トチくんは、100かいまでたどりつけるのでしょうか…?

>>100かいだてのいえ

6位 ぼくがラーメンたべてるとき

ぼくがラーメンたべてるとき、となりでミケがあくびした。となりでミケがあくびしたとき…とおくとおくはなれたくにでいまなにがおこっているのだろう?おなじこのそらのしたで。

>>ぼくがラーメンたべてるとき

7位 バルバルさん

バルバルさんは、町の床屋さん。毎日楽しく働いていますが、ある日、ライオンが、たてがみをきれいにしてほしいとやってきます。次にワニが毛をはやしてほしいと、ヒツジがプードルみたいにしてほしいと、次々に動物のお客さんがやってきました。初めはびっくりしていたバルバルさんも、だんだん楽しくなって注文にこたえていきます。夕方、店を閉めようとすると、看板にいたずら書きが……。

>>バルバルさん

8位 うえきばちです

うえきばちがあったのでつちをいれて…さああなたはなにをうえますか。

>>うえきばちです

9位 こりゃまてまて

幼い子が散歩に出かけます。チョウをみつけて、「こりゃまてまて」と追いかけますが、「ひらひらひら」と逃げられてしまいます。トカゲやハトやネコにも出会います。「こりゃまてまて」と追いかけますが、やはり逃げられてしまいます。最後は「こりゃまてまて」と自分が追いかけられて、伸びてきたのはお父さんの大きな手。お父さんに肩車をしてもらって、楽しい散歩になりました。

>>こりゃまてまて

10位 しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです

「どうぶつたちも、ほんをよみたいかもしれないな」としょかんがだいすきなカリーナがカウンターにすわると、どうでしょう!いちばんのりのカナリアにつづいて、ライオン、くま、ぞう、くじゃく、かめ…どうぶつたちが、ぞくぞくはいってきました。としょかんは、まるでどうぶつえんのようです。クラシックであたたかい―親子でわけあいたい、ドン・フリーマンの世界。

>>しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです

スポンサーリンク

絵本屋さん大賞 第2回(2009年)

1位 つみきのいえ

うみのなかにわすれものをとりに。せかいじゅうのこどもとおとながかんどうしたアニメをさくしゃふたりがえほんにしました。アヌシー国際アニメーションフェスティバル最高賞アニメの絵本。

>>つみきのいえ

2位 BとIとRとD

ちいさな女の子の、澄んだまなざしの先にあるものは…。
その女の子のこころの中に生まれるものは…。
8編のショートストーリーで綴る、夢と現実のあわいの❛不安❜と❛温もり❜。
珠玉の傑作絵本。

>>BとIとRとD

3位 しごとば

子どもに人気!10職業10のしごとば大集合。しごと道具や、しごとの流れも、くわしく紹介。

>>しごとば

4位 いそっぷのおはなし

「きつねとつる」「うさぎとかめ」「よくばりないぬ」「きたかぜとたいよう」など、広く知られているイソップ童話9話を、各話4ページほどに読みやすくまとめたカラフルな絵本。

>>いそっぷのおはなし

5位 おやすみ、ぼく

おやすみなさいのひととき、親子のあたたかなスキンシップを誘い、子どもたちを眠りの世界へみちびいていく一冊です。
2006年オーストラリア・ストーリータイムブック賞受賞作品。

>>おやすみ、ぼく

6位 ないしょのおともだち

マリーとネズミ。マリーのむすめのマリアとネズミのむすめのネズネズ。みんな、おなじいえにすむ、ないしょのおともだちでした―細部まで描きこまれた遊び心いっぱいの絵と、とびきりゆかいなお話。

>>ないしょのおともだち

7位 てぶくろがいっぱい

ネッドとドニーはふたごです。ある日、ドニーがてぶくろをひとつなくしてしまいました。そのことを知った近所の人たちがつぎつぎに、おちていたてぶくろをとどけてくれるようになりました。おとなりさん、学校の先生、ゆうびんやさん、ごみあつめのトムさん、ぎゅうにゅうやさん…。ふたごのうちには、てぶくろがいっぱいあつまりました。こんなにたくさん、どうしたらいいのでしょう。そのとき、ネッドがいいことを思いつきました…。

>>てぶくろがいっぱい

8位 おしくら・まんじゅう

いたずら紅白まんじゅうが、あんな子やこんな子まで、おしくらまんじゅう。こんにゃく、なっとう、ゆうれいまで登場?!おされたみんなは……。ページをひらいて ひゃあ びっくり!

>>おしくら・まんじゅう

9位 なきすぎてはいけない

おじいちゃんっ子だった孫の成長を願いながらも、いつかは先立つ自分がいる。
そのとき孫へ何を残せるか。見守り続けたいと願う祖父の孫への愛情が四季を通して描かれる。

10位 ぼくにかえりみち

あるひのかえりみち、そらくんは、みちのまがりかどでぴたりととまってつぶやきました。「きょうは、このしろいせんのうえをあるいてかえろう」ところが、とちゅうにパイロンや犬があらわれて…。はたしてそらくんはぶじにいえにかえりつけるのでしょうか?ちいさなぼうけん。

>>ぼくのかえりみち

MOE絵本屋さん大賞歴代受賞作品2008~2009年のまとめ

MOE絵本屋さん大賞歴代受賞作品2008~2009年についてまとめました。

関連記事

絵本屋さん大賞2018受賞作トップ10!1位はおしっこちょっぴり?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする