大泉洋 劇団メンバー安田顕は大学の先輩!浪人時代は程よく遊んだ?

俳優

大泉洋さんが所属する劇団のメンバー・安田顕さんは同い年なのに大学の先輩!浪人時代は程よく遊んだ?今や全国でも有名な「北海道が産んだ怪物」大泉洋さん。劇団メンバーの安田顕さんは大学の先輩!浪人時代や入学当初のエピソード、演劇研究会に入った理由も調べてみました!

 

 

大泉洋は劇団メンバー・安田顕と同じ年!同じ大学ってどこ?

 

独特の雰囲気やトークで人気の俳優・大泉洋さんは、ドラマや映画、舞台だけでなくバラエティ番組でも活躍していますよね。その大泉洋さんが劇団に所属していることはだいぶ知られているのではないでしょうか?

 

大泉洋さんが所属している劇団は「チームナックス」。

 

このチームナックスのメンバーには、俳優・安田顕さんもいます。二人は同じ劇団のメンバーで、さらに同い年だそう。

 

二人とも1973年生まれだそうです。2020年には47歳になるんですね!

二人とも若いですよね!

 

大泉洋さんと安田顕さんは、大学も同じだとか。

二人はどこの大学に通っていたのでしょう?

 

大泉洋さんは「北海道が産んだ怪物」と称されるほど北海道では特に人気者のよう。やはり大学は北海道のようです。

調べてみると大泉洋さんと安田顕さんは札幌にある「北海学園大学」というところに通っていたようですよ。二人とも大卒ですね。

 

 

ちなみに大泉洋さんの出身高校は、札幌市立藻岩高校というところだそうです。のびのびとした良い学校らしいです。

卒業生は、元政治家でタレントの杉村太蔵さんがいるそう。

 

大泉洋さんの地元の札幌で「進学校」というと「東西南北」の4つの公立高校だそうで、それぞれ、東高等学校、西高等学校、南高等学校、北高等学校という名称だそうです。

藻岩高校という学校は、雰囲気の良い学校のようですが、レベルは中の上くらいだそう。

 

大学に進学している大泉洋さんですが、出身校は進学校ではなかったのに大学に合格しているんですね。

 

トークを聞いていても、頭のいい人だなぁと感じますが、あまり勉強はしなかったのかな?学生時代というのは遊びたい年ごろでもありますしね。

 

 

大泉洋は劇団メンバー・安田顕と同い年!でも後輩?

 

大泉洋さんと同じ劇団チームナックスのメンバーである安田顕さんは、同い年だとご紹介しましたが、大泉洋さんは安田顕さんの後輩にあたるのだそう。

 

大泉洋さんは、大学で安田顕さんの2年後輩。

 

大泉洋さんは、他の大学を受験するも二浪していたそう。

大泉洋さんにはお兄さんがいるそうですが、お兄さんは早稲田大学卒なのだそうです。大泉洋さん自身は、早稲田に合格したお兄さんに続くぞ!と意気込んで、早稲田大学を受験したのだそう。

 

残念ながら現役合格とはいかなかったそうです。滑り止めで受けた法政大学は合格していたそう。

ですがどうしてもお兄さんと同じ大学に行きたかったのでしょうね。法政大学は合格していたのに蹴って、浪人する道を選択したそう。

 

翌年も難関大学に挑戦したそうです。ですが受かることはできず、北海学園大学経済学部へと進んだそうです。

 

大泉洋が二浪した真相が!どんな浪人時代を過ごしていた?

 

大泉洋さんの浪人時代について調べてみると、浪人仲間とかなり遊びまわっていた、という情報も見つかりました。

 

ある番組で「浪人時代はそれなりに努力はしたんですか?」と司会者に質問されたようです。その質問に対して大泉さんは、

いま思えばしてないんですよ。

だって私、2年間の浪人生活、楽しかったですもん

と答えていたそうw

 

さらに、2013年3月24日に放送されたラジオ「大泉洋のサンサンサンデー」(北海道放送)で、自身の浪人生活を振り返ってこのように語っていたそうです。

ほどよく(浪人仲間と)遊んでいましたよね。

学校がないから、誰かに『何かをやりなさい』ともいわれない。そうすると無限に時間があって、どう過ごすかが試される。

天気のいい日はテニスをしたり。

浪人時代だけですね、あれほど車のゲームに熱中したの。

浪人時代が、一番ボーリングうまかった。そりゃあ、やっぱり受からんわと

 

 

ラジオでのトークも見つかりましたよ。

 

 

大泉洋さん自身が、「楽しかったから受からなかったんでしょうね」と、浪人時代はほどよく遊んでいたのが大学受験失敗の真相のようですねw

 

 

大泉洋が大学に合格もふさぎ込む!ベッドの片隅で膝を抱えていた?

 

大泉洋さんが大学を受験した頃は、私立大学バブルで高倍率の時代だったそうです。そのためか浪人も溢れるほどいたとか。

さらに大泉洋さんが入学した1994年時点の北海学園大学の偏差値は、今よりもレベルが高かったそう。

 

現役の時、一浪に受かった大学とさほど変わらない大学だった気がするね、最終的に行った北海学園大学は。

 

ラジオでもこのように発言しています。

 

北海学園大学に合格しても、希望の大学に行けなかったことでしばらくはふさぎ込んでいたそうです。何もする気が起きなかったと。

 

大泉洋さんにとっては、人生で初めて体験した挫折感と屈辱感だったそうです。

 

後に明かした当時のエピソードがこちら。

 

とんでもなく落ち込みました。

こんなに落ち込んだことはないです。ベットの片隅で本当にずっと膝を抱えていた。

 

雨の日とかに傘もささないで、『風邪引いて死んでやれ!』みたいな気持ちで。最終的にはお袋が泣きながら『お願いだから元気になってちょうだい』って(慰めてくれた)

 

かなりつらかったようですね。明るい大泉洋さんからはちょっと想像できません。

 

大泉洋が大学で演劇研究会に!その理由は?

 

大泉洋さんは大学に入学してもしばらくふさぎ込んでいたそう。

なんとか登校はしていたそうですが、同じクラスにいるのは年下ばかりで、自分からは全くなじもうとはしなかったそう。

 

ですが、入学して2か月ほど経った頃、”これではダメだ”と、なんとか奮起!そしてサークル活動をしようと決めたのだそうです。

 

そして演劇研究会に入ることになったそうです。今の俳優人生はここから始まったと言えますよね。

 

 

ですが、最初から演劇研究会が目的ではなかったようです。

 

大泉洋さんは、実は落語好きなのだそう!

なので、落語研究会に入ろうと思ったそうです。ですが、大学に落語研究会が存在しなかったそう。

 

そこで、多少興味があった芝居をやろうと思い、演劇研究会を見学してみたのだそうです。そして入部。入部の理由は当時、楽しそうに見えたから。

 

こんな簡単な理由で入部した演劇研究会ですが、これが人生の岐路だったんですよね。

 

 

大泉洋さんはのちに、演劇研究会に入部したことは、これまで受動的だった自分が、人生の中で初めて能動的になった唯一の出来事だったと明かしたそうです。

 

大泉洋と安田顕が所属している劇団チームナックスとは?名前に意味を!

 

大泉洋さんが所属している劇団の名前は「チームナックス」。カッコいい名前ですよね。

 

この名前は、大学の演劇研究会時代にはすでに「ナックス」と呼ばれていたとか。

名前の由来は、森崎博之さんが演じた「ナックス」という役名だそう!

これがチーム名の元になっているわけですね。

 

 

北海学園大学演劇研究会で異彩を放っていた大泉洋さんや安田顕さんら5人のことを指していた名前だそう。

 

「ナックス」は5人のメンバーで構成されていますが、当時所属していた劇団はイナダ組というようです。この劇団イナダ組の公演が延期となったため、安田顕さんらの卒業制作として結成したのが「チームナックス」の活動の始まりだったよう。

 

先ほど書かせていただいたように、NACS(ナックス)は森崎博之さんが演じた役の名前なのだですが、この名前に意味をつけようと、半ばこじつけで、「North Actors Club Special」となっているそう。

「NACS」はこの略称とされているとか。

 

逆からの発想ですねw

 

大泉洋所属の劇団チームナックスが10年で?53,000人動員!

 

チームナックスは1996年の初演「LETTER~変わり続けるベクトルの障壁」から公演を重ねるたびに、動員数を確実に増やしていったそう。

2004年の「LOOSER~失い続けてしまうアルバム」は初の東京公演となり、2005年の「COMPOSER~響き続ける旋律の調べ」、2007年の「HONOR~守り続けた痛みと共に」と公演を重ねるごとに動員数を増やし続けたそうです。

 

2009年の、大泉洋さんが作・演出を手掛けた作品である「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」は、全国6都市で64ステージを行い、53,000人を動員という記録的な快挙を成し遂げたそう!

 

 

大泉洋や安田顕が所属する劇団チームナックスメンバー紹介!やっぱり縁がある?

 

劇団チームナックスは魅力的な5人のメンバーで構成されています。メンバーのプロフィールをご紹介します。

 

大泉洋

引用:https://www.office-cue.com/profile_media/profile.php?t=2

 

大泉洋さんは、「北海道が産んだ怪物」と称され、全国でも有名ですよね。チームナックスの顔と言ってもいいくらいではないでしょうか?

 

大泉洋(おおいずみ よう)

生年月日:1973年4月3日

出身地:北海道江別市

身長:178cm

血液型:B型

配偶者:あり(一女の父)

大泉洋さんはファンのことを”子猫ちゃん”と呼んでいるそうです。

 

 

ドラマや映画、舞台での俳優業だけでなくバラエティ番組でも活躍していて、今では全国でもすっかり有名となった大泉洋さんです。

 

チームナックスの初演は1996年でしたが、1995年10月、まだ大学在学中の22歳だった大泉洋さんは「モザイクな夜V3」という北海道テレビの深夜番組に出演したそうです。ここから芸能活動がスタートしているようです。

 

その翌年の1996年10月には、北海道テレビの深夜番組「水曜どうでしょう」に出演し始め、北海道内での芸能活動に勢いが付いたようです。

 

深夜番組にも関わらず、「水曜どうでしょう」は最高視聴率が18.6%を記録しているなど、北海道の枠を超え、全国的に人気となったそう。

 

大泉洋さんは2005年放送された、全国ネットの連続テレビドラマに初出演しています。そのドラマがフジテレビで放送された江口洋介さん主演の「救命病棟24時」。

人気の連続ドラマですよね。

 

それ以降、「小早川伸木の恋」(フジテレビ)に出演、「ハケンの品格」(日本テレビ)では準主役として出演。主演の篠原涼子さんとのやりとりも注目のドラマでした。この「ハケンの品格」が、篠原涼子さん主演で2020年4月から、13年ぶりに放送されるようですよ。

 

同じく北海道出身のタカアンドトシが2009年2月に放送されたナイトシャッフル(福岡放送)に出演したときに、こんな話をしていたそう。

「なぜ二人は北海道でブレイクするのに時間がかかったのか?」と聞かれ、タカアンドトシは「北海道には大泉洋という怪物がいて、当時はとてもかなわなかった」と答えたそう。それほど大泉洋さんの人気ぶりはハンパじゃなかったということですよね。

 

 

大泉洋さんの特技に声帯模写があるといいます。

レパートリーは著名人の他、OFFICE CUEのメンバーや友人まで。50人を超えるそう。テレビやラジオでのトークでも、端々にこの声帯模写を織り交ぜてくるとか。特に「水曜どうでしょう」では声帯模写を乱発し、出演者たちの笑いを誘っているそうで、こちらの番組も見ものです。

福山雅治さんのマネもよく似ていますよね。

 

また、「水曜どうでしょう」に対しては、「行けと言われたらいつでも行く覚悟はできている」と過去に明かしていたそう。

 

北海道枠を超えて全国的な人気を得た「水曜どうでしょう」ですしね。

 

 

北海道愛にあふれ、全国的に有名になった現在でも北海道を拠点としているそう!大泉洋さんの理想的な働き方も北海道がメインのようで、”冬(1~3月期クール)だけ東京に出稼ぎに行き雪を回避し、ほかの季節は北海道に在住する”というのを挙げているそう。

 

 

 

安田顕

引用:https://www.office-cue.com/profile_media/profile.php?t=2

 

安田顕(やすだ けん)

生年月日:1973年12月8日

出身:北海道室蘭市

身長:174cm

血液型:A型

配偶者:あり(一女の父)

チームナックスのサブリーダーだそう。安田顕さんはファンのことを”安田国民”と呼んでいるそうです。

 

 

森崎博之さんとともに安田顕さん自身の卒業公演を行うため、1996年に演劇研究会の後輩となる大泉洋さん、佐藤重幸さん、音尾琢真さんといっしょに演劇ユニット「チームナックス」を結成し、1回限りの公演で解散。そして就職したそう。芸能活動は並行して行っていたそうですが、会社にも通っていたよう。会社になじめずに”芸能活動に専念する”という理由で、退職。入社して8か月後のことだったそう。

 

大泉洋さんがレギュラー出演していた深夜放送の「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)に顔を出したのが1998年だったそうです。

 

北海道テレビのマスコットキャラクター「onちゃん」のスーツアクターとして参加。準レギュラーとして出演するようになると、「水曜どうでしょう」が人気となっていくと同時に、「チームナックス」の名前も全国に知られるように。

 

onちゃんはこちら。

引用:https://matome.naver.jp/odai/2141934550076868401/2144722916237198303

 

引用:https://koimousagi.com/7673.html

 

NHKの大河ドラマや連続テレビ小説、東京キー局の連続ドラマに出演したりと、東京での仕事も増えたそう。

 

 

安田顕さんは大の酒好きなのだそう。

酒乱や泥酔の場面が「水曜どうでしょう」で見られる回もあるようですが、実際には非常にお酒に強いのだそうです。北海道テレビの「ハナタレナックス」で宮古島ツアーがあったようなのですが、泡盛の利き酒対決をしたそう。そこで安田顕さんは顔色一つ変えず、ほかのメンバーより早く、5回正解して1抜けしたほど。

 

 

さらに安田顕さんはさまざまな異名を持つようです。

ご覧の通り安田顕さんは目鼻立ちのハッキリした二枚目ですが、気立ては三枚目と言われているそうです。番組の企画では、泥酔したり、包茎手術を受けたり、牛乳の早飲み(そしてリバース)など、多くの伝説が残されていると言います。

また、安田顕さんはとにかく脱ぐことが好きなようで「ヌーディスト安田」の異名を持つとか。

 

さらにバラエティ番組で行ったポケバイレース体験では派手に転倒したそうですが無傷で生還、四輪駆動車で横転したときもケガひとつしない、など神がかり的。「平成の怪物」「奇跡を呼ぶ男」「ミラクル安田」「やってはいけないことをやってしまう男」など様々な異名とエピソードを持っているようです。

 

「水曜どうでしょう」や「ハナタレナックス」で、このような場面を見ることができそうですね。

 

 

 

森崎博之

引用:https://www.office-cue.com/profile_media/profile.php?t=2

 

森崎博之(もりさき ひろゆき)

生年月日:1971年11月14日

出身:北海道東川町

身長:178cm

血液型:O型

配偶者:あり(二男の父)

森崎博之さんはチームナックスのリーダー。ファンのことを”子顔”と呼んでいるそうですw

 

 

森崎博之さんは大学を卒業した後は就職したそうです。一旦演劇から離れた時期があったんですね。就職先は証券会社だったそうで、北海道からも離れ、上京しています。

会社では優秀な社員だったようで、業績を上げ、報酬にハワイ旅行をもらったりしていたそう。

 

そんな会社員時代を過ごしていたそうですが、札幌でかつての演劇仲間と会ったことで、北海道に帰りたくなったよう。祖父が亡くなったことを機に北海道に戻ることに。

そしてチームナックスを再結成したのだそうです。

 

劇団チームナックスを主宰し、役者としての出演だけでなく、脚本や演出もこなしているそうで、チームナックスの大黒柱的存在。劇団イナダ組にも所属しているそうで、こちらの舞台でも精力的に活動しているそう。

 

さらに地元・北海道へのこだわりがあり、自らの立ち位置や活動すべき範囲を模索し、俳優業だけにとどまらず、食に関する活動にも着手しているよう。農業にも関連した活動を行っているようで、これらは地元にこだわり、北海道を拠点としているそう。

 

 

森崎博之さんはチームナックスのリーダー。

「リーダー」と呼ばれているそうですが、チームナックスの関係者以外からも「リーダー」と呼ばれることが多いそうで、チームナックスのリーダーでありながら、愛称「リーダー」でもあるようです。

なぜか、お嫁さんからも「リーダー」と呼ばれているとかw

 

 

 

戸次重幸

引用:https://www.office-cue.com/profile_media/profile.php?t=2

 

戸次重幸(とつぎ しげゆき)

本名:佐藤重幸(さとう しげゆき)

生年月日:1973年11月7日

出身:北海道札幌市西区(現・手稲区)

身長:173cm

血液型:O型

配偶者:あり

戸次重幸さんは、ファンのことを”子残念”というそうです。

 

 

生まれ育ちは札幌市手稲区。大学は受験するも失敗し、手稲高校を卒業した後、浪人時代を過ごしていたそう。

 

その時にテレビで観た「タクシーを待つ人」に刺激を受けたよう。テレビ放送されていたブルーリボン賞授賞式で、イッセー尾形さんの一人芝居「タクシーを待つ人」を観て、芝居に魅せられ「受験をやめて役者になる」と心に決めたそうです。

さっそくその日のうちに親に宣言したそうですが「泣いて止められた」ため大学へ進学したそう。

 

親に止められなかったら大学へ行かずに俳優の道に進んでいたでしょうから、チームナックスとの縁もなかったかもしれませんね。

 

 

進学したのは北海学園大学。演劇研究会に入り舞台で活動し始め、大泉洋さんや安田顕さんらと出会ったわけですね。

1回限りのユニットとして結成されたチームナックスですが、戸次重幸さんが留年している間に、チームナックスが再結成され、さらにどんどん大きくなっていったそう。

 

戸次重幸さんは、大学を卒業したら東京の劇団に入り、研究生として役者を続けるつもりだったそうなのですが、森崎博之さんの「東京からオファーを受ける」という夢に感化されたそうで、ローカルタレントとして活動しながらチームナックスのメンバーとして活動を続けることにしたのだそう。

チームナックスの5人は、縁があったのでしょうね。

 

 

戸次重幸さんは俳優仲間の間でもファンでも「、自分のことを「シゲ」と呼ばせているとか。

また安田顕さんとのくくりで「チームハンサム」と呼ばれているそう。

 

戸次重幸さんの織田信長。

引用:https://matome.naver.jp/odai/2143974285170123301 

 

ですが、残念がエピソードが多くあるよう。

マイペースで鷹揚な性格だそうで、仕事でもプライベートでも、ことあるごとに大きな失敗をしたり、ハプニングを起こしてしまうのだとか。そこから「ミスター残念」と名付けられたそうです。

 

 

戸次重幸さんの「残念」にまつわるジンクスがあるようです。

 

携帯の待ち受けを戸次重幸さんにすると、持ち主の残念を吸い取ってくれて、いいことがあるというジンクスなのだとか。

このことは「おにぎりあたためますか」の中で語られたそう。

2012年2月21日に放送された番組の中で、佐藤麻美アナウンサーが、”番組へのはがきの8割は、そのジンクスで実際にいいことがあった”という体験談であるということが明かされたそうです。

効き目ありそう!

 

 

 

音尾琢真

引用:https://www.office-cue.com/profile_media/profile.php?t=2

 

音尾琢真(おとお たくま)

生年月日:1976年3月21日

出身:北海道旭川市

身長:170cm

血液型:O型

配偶者:あり

音尾琢真さんはファンのことを”子(小)魚”と呼んでいるそう(汗)

 

 

音尾琢真さんは大のカレー好きだそうです。

どさんこワイド夏休みTEAM NACSスペシャルの中で、「好きなお弁当のおかずは?」と聞かれたときに「カレー」と答えていたうえ、「役者になっていなかった何をしている?」と聞かれても「カレー屋さんかお巡りさん」と答えていたほど。

インドカレーや欧風カレーなど種類はありますが、どんなカレーが好きなんでしょうね。

 

 

「ハナタレナックス#067」の中で行われたゲームで、答えとは全く違う意味不明な「オパンポ ポンポン パン」と答えたことで、「オパンポ」があだ名の一つになったそう。

タイムリミットが迫っても答えが全く浮かばないのに、何か言わなきゃという焦りから、意味不明な言葉を言っちゃったという感じでしょうかw

 

 

 

大泉洋 劇団メンバー安田顕は大学の先輩!浪人時代は程よく遊んだ?のまとめ

大泉洋 劇団メンバー安田顕は大学の先輩!浪人時代は程よく遊んだ?についてまとめました。

関連記事

大泉洋の劇団は日本一チケットが取れない?上手な取り方があった!

篠原涼子旦那さんの市村正親の年齢や略奪婚?子供の学校が青学と噂!

 

引用:https://suumo.jp/town/entry/sapporo-tantei/

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました