假屋崎省吾の自宅住所は?流派(現在)や結婚の噂も調査!

文化人

假屋崎省吾さんの自宅住所はどこ?流派は現在も草月流?結婚の噂も!世界的なフラワーアーティストですが、テレビでも華道家としてや、コメンテーターとして出演し、幅広く活躍している假屋崎省吾さん。自宅の住所は渋谷区?現在の流派はどこか?結婚の噂も調べてみました!

 

 

假屋崎省吾の流派は?

 

バラエティ番組でも見かける世界的なフラワーアーティストの假屋崎省吾さん。

 

テレビで紹介されるときに、華道家だと、「何々流家元」とか「何々流師範」みたいに紹介されるようなイメージがありますが、個人的には、そういう流派だとかを聞いたことがないような気がします。

 

 

假屋崎省吾さんの流派が気になっていたので、流派だけでなく、自宅や結婚についてもまとめてみました。

 

 

 

假屋崎省吾さんが花を好きになったきっかけは、ご両親が園芸好きだったからだそうです。

 

小学生の頃に定期購読していた本は、なんとNHKの「趣味の園芸」!さらには「きょうの料理」、「夫人百科」も。

 

 

子供の頃から花だけでなく、料理など女性向けの本を読んでいたのですね。

 

假屋崎省吾さんはたしか料理も上手なんですよね。これらの本を読んでいたことが現在に役立っているのかもしれませんね。

 

 

生け花を習い始めたのは大学時代だそうです。大学は二年浪人して明治大学の夜間部に入ったようですが、翌年、早稲田大学を受験しなおしたそうで、早稲田大学文学部に入学したそうです。

 

その早稲田大学に在学中のこと。

テレビで生け花の口座を見たときに、「自分もやってみよう」という気持ちがふっとわいてきたとか。

 

生け花教室に行くも、生け花を習うというのが、当時は年配女性のお稽古事だったようで、男性で生け花を習いに来る假屋崎省吾さんは、生け花教室のおばさま方からは不審がられていたようですよ。

この時に習った華道の流派が「草月流」だったそうです。

 

 

大学を卒業し、アパレル会社に就職したそうですが、サラリーマン生活が性に合わなかったそうで「やっぱり生け花をやりたい」という思いが強まったと。

 

会社は三か月で退職し、アルバイトを掛け持ちしながら華道を学んでいったそうです。そして、草月工房に入社。

 

 

草月出版新人賞やディスプレイデザイン賞など数々の賞を受賞したそうですよ。やはり若い頃から才能あふれるかただったのですね。

 

財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任。

 

 

ちなみに、草月流という流派は、自由で前衛的な作風というのが特徴だそうで、必ずしも和風の形にこだわらない、という考えのようです。

 

假屋崎省吾さんは、故・3代目家元の勅使河原宏氏に直接師事。

 

引用:https://xn--fck8b1a7qp98k05a03hlwv22qxml1mdbq2dy65agcf893a.com/?p=4585

 

3代目家元の勅使河原宏氏は、「生け花で、それを仕事として独立する気概を持った人」を育てる目的で「男子専科」というのを設けていたそうです。

 

假屋崎省吾さんはこのコースの初期メンバーとなったそうです。

 

お家元から直接指導してもらっていたのですね。

 

 

 

草月流から始めた假屋崎省吾さんですが、現在の流派も草月流なのかどうか気になりますが、はっきりした情報は見当たりませんでした。

 

テレビなどでも”假屋崎流”などと言っていないですし、草月流で最高位の資格と言われている「一級師範理事」を持っているようなので、現在も草月流に在籍している可能性は高いですね。

 

 

假屋崎省吾は結婚している?

 

假屋崎省吾さんから奥さんの話などは聞いたことがない気がしますが、結婚しているのでしょうか?

 

調べてみると、假屋崎省吾さんは同性愛者だそうなので、女性との結婚はしていないようです。

 

 

2016年、出演したテレビ番組で、17歳下の男性の恋人がいることや、その恋人との「永遠の愛」を誓った、と明かしていたようです。

 

法律上の結婚ではありませんが、心のつながりという面では結婚のように、一生を共にすると決意したということですね。まぁ、結婚相手と言ってもいいような気がしますよね。

 

 

あの豪邸に一緒に住んでいるのでしょうか?

 

 

假屋崎省吾さんと恋人の男性は、2006年から同居しているそうです。恋人の男性のことを假屋崎省吾さんは、”自分にはない能力をいっぱい持っている人”と語っているようで、お互いに良きパートナーだそう。

 

一人ではさみしいので、自分が看取られるまで一緒に暮らす予定、ということも語っていたそうなので、たぶんあの豪邸に一緒に住んでいるのでしょうね。

 

 

相手の男性は、一般人だそうなので、名前や画像などは明かされていないようです。

 

 

假屋崎省吾のプロフィール

 

名前:假屋崎省吾(かりやざき しょうご)

生年月日:1958年12月17日

出身地:東京都練馬区

血液型:AB型

 

スポンサーリンク

 

假屋崎省吾の幼少期は?

 

ご両親が園芸好きだったそうですが、音楽的素養のある家庭で育ったそうです。

 

特に大好きだというのが、ピアニストのアルトゥール・ルービンシュタインが演奏する、ショパンの「夜想曲第2番 変ホ長調 作品9の2」だとか。

 

毎月、母親と一緒に石神井のレコード屋に通っては、レコードを買っていたのだそうです。

 

 

假屋崎省吾さんは、バイオリンとピアノを習っていたそうで、高校生まではピアニストを目指していたそうですが、挫折したのだそうです。

 

 

とてもセレブな家庭に育ったように思いますが、父親の仕事は建築関係のサラリーマンだったそうで、実家は小さな借家だと。

 

四畳半と六畳のお部屋にトイレと台所。お風呂はなかったそうです。

 

 

ですが、庭が広かったそうで、両親と一緒にいろいろな植物を育てていたそうです。

 

 

假屋崎省吾の自宅住所は?

 

假屋崎省吾さんの自宅の住所はどこなのでしょうか?

 

有名人は自宅の住所など伏せるものですから、”自宅の住所はまず見つからないだろう”、”自宅住所ですという情報があっても噂程度の信ぴょう性では?”と思いつつ調べ始めたら、假屋崎省吾さんの自宅の住所は渋谷区だということでした。

 

あっけなく見つかりました。

 

 

さらに、「假屋崎邸」と地図に載っていましたよ。

 

引用:http://www.kariyazaki.jp/salon/

 

 

假屋崎省吾の自宅があり得ない?

 

地図に載っていた假屋崎邸は、假屋崎省吾さんの自宅であり、自宅の一部を「假屋崎花サロン」としているそうです。

 

「假屋崎花サロン」というのは、パーティーや記者発表、セミナーなどが行える空間にしてあるそうで、時間単位でサロンを貸し出したりしているそうです。

 

音響設備もあるようで、コンサートも開けるのだそうですよ!

 

 

 

自宅の一部が「レンタルサロン」ということですよね。

 

そんな自宅、初めて聞きました!

 

 

 

しかも、豪邸という噂もあり、画像も探してみました。

 

 

淡いクリーム色の外壁に白い窓枠が上品でおしゃれ!

 

レンタルサロンとしている「假屋崎花サロン」はどんな内装なのでしょうね。

 

 

赤が基調?

 

ちょっとイメージしていたものとかなり違って、びっくりしました(苦笑)。

 

 

完全に洋風なんですねw

 

中は、中世のヨーロッパのお城?みたいな感じがします。映画でこんな階段を、ドレス姿の美しい姫が降りてくる、

 

で、

 

下では紳士たちが姫を見て息をのむ、みたいな?w

 

 

 

でもグランドピアノを置いてもこの広さ!

 

音楽に素養のある假屋崎省吾さんなので、2000万円のスタンウェイのグランドピアノだそうですよ。

 

このピアノで、自宅ピアノレッスンを受けているのだそうです。

 

 

このお部屋に人が入った状態ですね。

 

こちらは天井が6mの高さだそうで、200人も収容できるホールとなっているそうです。

 

パリのオペラ座をモチーフにしたことで、全体を赤で統一しているとか。

 

総工費は20億円とも言われています。

 

もはや高額過ぎてピンときません(苦笑)

 

 

假屋崎省吾は美輪明宏さん「公認」?

 

假屋崎省吾さんは、「美の麗人」の代名詞ともいえる美輪明宏さんの追っかけをしているそうですよ。

 

その追っかけは、美輪明宏さん本人からの「公認」をもらっているとか。

 

 

その美輪明宏さんから「美をつむぎ出す手を持つ人」と評されているそうで、あの生け花を見たら、個人的にもこの言葉は納得です!

 

 

なんでも、頼めば美輪明宏さんから舞台のチケットが送られてくるとか、楽屋にあいさつに行くと楽しく雑談するというくらい仲が良いそうです。

 

あの美輪明宏さんから認められ、評される假屋崎省吾さんって、ほんとにすごい人なんですね!

 

 

假屋崎省吾の自宅住所は?流派(現在)や結婚の噂も調査!のまとめ

假屋崎省吾の自宅住所は?流派(現在)や結婚の噂も調査!についてまとめました。

引用:https://www.urban-funes.com/shukatsu-media/news/interview-kariyazakishougo/

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました